8 街歩き 建築を味わう

アクロス福岡

ステップガーデンに魅力 栄は負けてるぞ

 (福岡市、日本設計、1992年)

 福岡県庁跡地の北側にコンペを経て建てられた国際会館。第一生命と三井不動産が建築主になり、日本設計が設計した案が当選した。

(▲パンフレット表紙)

 ぼくには何といっても「Step Garden」 と名づけられた屋上庭園が最大の魅力である。同時に欠点でもあろう。しかし魅力のほうが大きいとぼくは信じる。

 見晴らしと採光がよい南側をセットバック式の庭園にした。その分、内部のオフィスや会議室は眺望を遮られ、開放性も失っている。

 ただ都心にあるオフィスはもともと眺望や開放性はそれほどなくても仕方がない。それよりも、広場から連なる屋上を市民に開放したといっていい。

 しかし屋上の展望台と、庭園をたどる道とが平日はつながっていないのが残念だった。市民が平日に屋上庭園を歩こうとすると、1階から13階まで自力で登って降りるしかない。

<▲パンフの断面模式図>

 ぼくは平日昼の午後1時から2時に訪ねたが、屋上庭園を散歩している人はほとんど見なかった。運用と管理の問題ではあるが。

 天神中央公園にあるオープンカフェに座ってこれを書いている。実に心地がよい。名古屋の栄にもこれくらい快適な空間がほしい。今なら栄オアシスが相当するのだろうが、こんなくつろげる感じはない。中洲のような、川の匂いがする元気な繁華街も名古屋の都心にはない。負けているぞ。

こんな記事も書きました