4 評論 時代を考える

なぜ退屈するのか 1万年来の問題に挑む哲学書…國分功一郎『暇と退屈の倫理学』

2024年5月7日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
先人の叡智集め 難解だけど面白い  とぼけた主題だなあ、ぼくのような遊休老人への指南書かもしれない—。この本の題名を初めて見 …
1 ゴルフ 白球と戯れる

面白すぎる球戯の奥義 アマとプロが言葉だけで迫る…本條強『ゴルフ白熱教室』

2024年3月12日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
スイングに正解なし 楽しんで自分リズムを  面白すぎる球戯、ゴルフの超まじめ技術本である。写真も図解もなく、ただ言葉だけでアドレス …
4 評論 時代を考える

まちがい認めあい 日本を変えていこう 成熟社会への処方箋…東浩紀『訂正する力』

2024年2月27日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
保守vsリベラルに「対話を」 老いも肯定  東浩紀氏は難解な著作が多いと思い手を出せずにきたけれど、わかりやすい題名に誘われ …
2 小説 物語に浸る

これぞ京都 イマドキ若者に歴史からエール…万城目学『八月の御所グラウンド』

2024年2月22日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
高校駅伝と草野球 リアルとファンタジー  最新の直木賞・芥川賞3作が1月中旬に発表され、どれを読むか迷った末にこの小説を選んだ。物語 …
1 ゴルフ 白球と戯れる

不正 災い 至福  フェアウエーさまよう心模様…江上剛『小説 ゴルフ人間図鑑』

2024年2月7日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
えぐりだされる本性 想わぬ結末の8話  この球戯は、怖い。耳元で邪悪な誘惑をささやきかけると思えば、信じられないミスを連発す …
2 小説 物語に浸る

いま住んでる街が小説の舞台に…宮野入羅針『八事の町にもやさしい雪は降るのだ』

2024年1月24日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
八事生まれの幼なじみ 熱情とすれ違い  名古屋にきて53年、八事に住んで35年になる。東京や京都ならともかく、いま暮らす街が小説の舞 …
2 小説 物語に浸る

いま住んでる街が小説の舞台に…宮野入羅針『八事の町にもやさしい雪は降るのだ』

2024年1月24日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
八事生まれの幼なじみ 熱情とすれ違い  名古屋にきて53年、八事に住んで35年になる。東京や京都ならともかく、いま暮らす街が小説の舞 …
1 ゴルフ 白球と戯れる

大健闘の23歳…全英オープンTV観戦記2

2022年7月25日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
ゴルフ好き祖父に導かれ 高校留学も生かす  ことしの全英オープン(7月14-17日)に日本人選手は松山英樹選手を含めて7人が出場した。ぼくの注目は愛知県出身で初出場の桂川有 …
1 ゴルフ 白球と戯れる

愛知Cの遊び心…巡礼「井上誠一」2

2022年7月4日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
尾張藩の狩場 黒松と尾根の誘惑   名古屋市の南東部、牧野ケ池緑地にある愛知カンツリー俱楽部は、江戸時代は尾張徳川藩の御狩場だった丘陵を生かし、名匠・井上誠一がコース設計し …
1 ゴルフ 白球と戯れる

面白すぎる球戯の奥義 アマとプロが言葉だけで迫る…本條強『ゴルフ白熱教室』

2024年3月12日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
スイングに正解なし 楽しんで自分リズムを  面白すぎる球戯、ゴルフの超まじめ技術本である。写真も図解もなく、ただ言葉だけでアドレス …
1 ゴルフ 白球と戯れる

不正 災い 至福  フェアウエーさまよう心模様…江上剛『小説 ゴルフ人間図鑑』

2024年2月7日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
えぐりだされる本性 想わぬ結末の8話  この球戯は、怖い。耳元で邪悪な誘惑をささやきかけると思えば、信じられないミスを連発す …
1 ゴルフ 白球と戯れる

クラブハンディ 念願の「片手」シングルに  

2023年7月22日
団野誠ブログ 「晴球雨読」
白球と戯れ38年 「晴球雨読」に褒美  所属する東名古屋カントリークラブから18日、1枚の通知書が届いた。「あなたのクラブハンディキャップが新たに『5』になったことを証明し …