8 街歩き 建築を味わう

徳川園の庭とレストラン

美術館とランチと散策 優雅な半日に

( 名古屋市東区 )

  久しぶりの徳川園だった。大がかりな改修が施され、従来の野球場と森を「大名庭園」にし、池を挟んでレストランができた。レストランは話題のゼットンのプランニングと運営ということもあってか、なかなか予約が取れなかった。

(▲池の向こうにレストラン/2020年10月)

 レストランは2階にあって池と庭を見下ろせる。4人掛けテーブルが斜めに配置してあり、ぼくは妻と90度の隣り合わせで座った。とても気分がいい。

 3800円のフレンチ懐石は、味はまずまずだったが価格ほどではないと感じた。ロケーションと雰囲気を考えれば妥当かもしれない。

 庭も結構いける。もとの森の植生を生かしてあり、木の年輪もかなりのものだ。愛知万博のお客様や遠来の客のもてなしに使えそうだ。徳川美術館とランチと散策を組み合わせれば、半日は優雅に楽しめるだろう。

こんな記事も書きました