2 小説 物語に浸る

宮部みゆき『本所深川ふしぎ草紙』

現代ものと水準かわらず 器用こえた異才 

 (新潮文庫、初刊は1991年4月)

 この作家の時代小説は前から気になっていた。でもどこまで面白いのか、不安もあって手を出せずにいた。この作品が39刷まで増刷していると知り読んでみたら、やはりというか、さすがというしかない巧さである。

 藤沢周平や池波正太郎とはひと味もふた味も違う読み応えだ。展開のうまさやスキのない構成、ち密な文章は共通している。現代ものと同じ水準で時代物も書けるって、器用なんてことばでは表現できない異才に思える。

 本屋の新刊本の帯には「過去最高の時代小説」の惹句が踊っている。あながち大げさではないのかもしれない。写真で見る童顔からは推し量りにくい、恐るべき天才女性作家と知った。

こんな記事も書きました