8 街歩き 建築を味わう

展覧会『自然をめぐる千年の旅』

屏風絵や絵巻物 国宝・重文たっぷりと

 (愛知県美術館)

 これほどまでに国宝や重文を集めた美術館がいままであっただろうか。ぼくは初めての体験だった。

<▲チケット表紙>

 権威好きな人は特に楽しいだろう。仮にそれほどでもないにしても、名古屋風にいえば”お値打ち”の展覧会であるだろう。

 とくに屏風に描かれた絵や絵巻物がたくさん出ていて、見応えがあった。いずれも重たい感じのする作品だ。この手の作品は、美術館の常設展示品に入っていることが多い気がする。

それぞれの美術館で単独で観ても印象には残りにくいけれど、今回のように万博を機にこうしてまとめて見ることができると、多くの人が楽しむことができるだろう。

こんな記事も書きました