2 小説 物語に浸る

なかにし礼『夜盗』

女の性(さが)への憧憬 奇妙なふたりの恋

 (角川文庫、初刊は2003年)

 ノビ、忍び強盗。それも外国人宅が専門…。その事件にかかわる刑事と孤児院育ちのマリアとの、なんとも奇妙なふたりの恋である。ここに登場する犯罪心理はぼくには理解が難しい。

 なかにし礼と刑事小説、犯罪小説とは、あわない気がする。すこし前に読んだ小説『赤い月』とも、作詞家という別の顔とも違いが大きい。

 しかしよく考えると、この作家は、『赤い月』でも、想像もできない女性の世界を描いていた。

 『夜盗』においても、書きたかったのは刑事の人生でも犯罪心理でもなく、あくまで女の性(さが)であり、そうしたものへの憧憬とか畏れとか思い入れがこの作家には強いのではないだろうか。

こんな記事も書きました