2 小説 物語に浸る

浅田次郎『椿山課長の7日間』

現実と河岸 涙と笑い 縦横無尽に

 (朝日文庫、初刊は2002年)

 3年ほど前に朝日新聞に連載された小説の文庫版である。さすが浅田次郎だ。笑わせて、泣かせて、またすぐ笑わせてくれる。お得意のヤクザも出てくるし、中年のサラリーマンも。

 現実と河岸を行ったり来たりしながら、家族愛や男女の生き方を、涙と笑いをまぶしながら考えさせてくれる。安易な結末ではなくて、単純なハッピーエンドでもない。現世では人間ドラマの種明かしまである。

 このあいだ読んだ『オー・マイ・ガアッ!』よりうんといい。引き出しの多さには、あきれ、うなるしかない。

(▲浅田次郎コーナー。『椿山―』は貸出中)

こんな記事も書きました