5 映画 銀幕に酔う

米映画『奇跡のシンフォニー』

ピュアなファンタジー 純愛はまだ米国に?

 (カーステン・シェリダン監督、公開2008年6月、DVD)

 音楽の天才モーツァルトもこんな風だったのかなあ、と思わせるファンタジーである。あまりに調子がよすぎるというか、日々練習に励んでいる凡人は「こんな音楽の遺伝子ってありうるのかよ」という突っ込みを入れたくなるだろう。

 それでも素直に、楽しめた、という方が当たっている気がする。登場人物たちがみんなピュアでいい。中でも主役のエヴァンの表情が生き生きしているのに救われる。

 こんな純粋な愛情はもう米国には存在しない、とみな思っているのだろう。だからこその筋立てであり、ヒットなのだと思える。

 まったく予備知識なしに、勘で借りてきたDVDだったので、とても儲けた気分になった。

こんな記事も書きました