1 ゴルフ 白球と戯れる

海老沢泰久『ぼくの好きなゴルフ』

英国で始めたゴルフ もっと書いてほしかった

(朝日新聞社、初刊は2001年)

 読み直しである。うかつだった。ぼくがもっとも好きなノンフィクションライターのひとりなのに、なんと30代にロンドンに1年も住んでいて、そこで始めたのがゴルフだったという。何も覚えていなかった。

  •  1950年1月 茨城生まれ。僕よりも3学年上なだけだ。
  •  1979年  『監督』。29歳であの名作をものにしていたとは。
  •  1988年  『F1地上の夢』で新田次郎文学賞。38歳

 彼はこの1988年に「バブルに沸く日本に嫌気がさした」とロンドンに1年滞在。住んだのがキングストン・アポン・テームズ。車で5分のところにリッチモンドパークがあり、その中にふたつのパブリックゴルフコースがあった。そのうちのひとつが36ホールのパブリック、リッチモンドパークゴルフコースだった。プリンス(5909Y、パー70)とデューク(5940Y、パー68)があった、と本にある。

  • 1992年   『美味礼賛』。プロの舌と料理の深遠さをプロの筆で
  • 1994年   『帰郷』で直木賞
  • 1995年10月  東京中日スポーツに連載開始
  • 2000年    この本のもとになったエッセイを週刊朝日に連載開始
  • 2001年8月  この本の発刊
  • 2009年   『ぼくたちのスコットランド紀行』
  • 2009年8月  十二指腸がんで死去 (59歳 ! )

  海老沢さん、本当にゴルフが好きだったんだね。回数も多い。ベスト84だが、50歳ごろで90-100。まあ典型的なアベレージゴルファーといっていいだろう。59歳での死はあまりにもかわいそうだ。

 この人の文章は、エッセイでもノンフィクションでも、平易な言葉を使いながら、あいまいさを残さずにきちんと本質を読者に伝えてくれる。この本での表現も、ぼくが『監督』や『美味礼賛』を読んだ時に頭にしみこんでいった文字群と同じ匂いがした。

▲ぼくの書棚にある海老沢氏のほかの著作

  イギリスに住んで、現地のゴルファーとパブで意気投合し、翌日には近くのリンクスコースでラウンドする…。ぼくの夢も、海老沢さんのこの本を読んでいると、願えば叶うような気がしてくる。

こんな記事も書きました