3 随筆 個性に触れる

大橋巨泉『巨泉2 実践・日本脱出』

日・豪・NZ・加で「ひまわり生活」!

 (講談社、2003年)

 何よりも驚きは、著者はこの本を、民主党議員をわずか6か月で辞職した後に書いていることだ。気力と体力もさることながら、知力の強さとエネルギーに圧倒される。

 ポイントの第一は、後半生を豊かに暮らすための必要条件として次の4つを挙げていることだ。4番目の「ファイナンス」が巨泉らしい。

  1. 健康    やはりこれが第一にくる
  2. パートナー ひとりじゃつまらない
  3. 趣味 たっぷり時間をどうやって楽しむか
  4. ファイナンス お金は大事、年金か貯えか

 巨泉の真骨頂は、「ひまわり生活」の推奨である。海外で事業を進めていて、当然現地に住宅も所有しているからできる生活だろう。彼の案は以下の通りだ。地球の四季のいいとこどりである。

 ■11/15~4/15  オセアニアの「夏」
  11/15~11/30  ゴールドコースト 気温は高くなっても30度
  12/1~2/28   オークランド           ~25度

 ■4/16~5/30   千葉県東金市   日本の桜と新緑の「春」

 ■6/1~9/15    バンクーバー   汗もかかない「夏

 ■9/15~11/15   千葉県東金市   日本の「秋」

 うーん、日本は春と秋の3か月半だけか。あとはオセアニアとカナダ。ぼくは頭の中だけでしか描けない。でも作ってみたい。

こんな記事も書きました