5 映画 銀幕に酔う

米映画『Catch me , if you can』

若き詐欺師の天才 背景知れば愉しみ倍加か

 (スピルバーグ監督、日本公開2003年3月)

 若き詐欺師の天才ぶりと、アメリカ社会の面白さが際立つ。長女も一緒に観て「面白かったあ!」

 詐欺の具体的なテクニックや背景は、ぼくには正直、よく掴めなかった。たぶん米国人でないとわからないのだろう。そこも理解できると、もっと楽しめただろう。

 たとえば日本映画なら、伊丹十三の名作『マルサの女』で描かれた脱税のからくりを理解できると、あの映画の面白さが倍加したように―。

 もうひとつ、医師から弁護士へと転身する時の、相手の娘の父親の許しがぼくには理解できなかった。

 トムハンクスがしぶい。

こんな記事も書きました