4 評論 時代を考える

統合の「BEST & WORST」

多彩なお国柄 ジョークで愉しむ統合

 共同通信社の小冊子「編集週報」の5月22日付号に、バンコクで一緒だったN氏のコラムが載っていた。題名は『完ぺきな欧州人』。10年前に赴任先のブリュッセルで入手し、今も新品で持っているTシャッにプリントしてある言葉で「統合のイメージ」が次のように英語で書いてあるという。

 「英国人のように料理がうまく / スペイン人のように控えめ / フランス人のように運転が上手 / アイルランド人のように酒を飲まず / ドイツ人のようにユーモアがあり / ギリシャ人のように組織化されて / ポルトガル人のように技術に強く / オランダ人のように気前が良く / ルクセンブルグ人のように有名で / デンマーク人のように思慮深く / イタリア人のように管理され / ベルギー人のように役に立ちー」

  EU(欧州連合)を構成する国はそれぞれ独自の文化と国民性を持っている。経済ならなんとか統合はできても、国民性の違いはずっと残るといわれてきた。上の例はそれを冷やかすジョークのひとつだろう。

 ■1989年に知ったEUのBEST&WORST

 ぼくも15年前に欧州へ出張して統合準備を取材し、先輩記者と連載「大欧州への鼓動」をまとめた。その際にもこんなジョークを現地の本で読んだ。「統合がうまくいけばBEST MIXが実現するが、失敗するとこんなWORSTもあるぞ」。このジョークの”落ち”は独POLICEにあるのだろう。

        (BEST)    (WORST)

  • 英国    POLICE    CUISINE
  • フランス    CUISINE     CARS
  • スイス       BANK         WOMEN
  • イタリア    WOMEN      BANK
  • ドイツ       CARS         POLICE
 ■2001年のASEAN版 BEST&WORST

 ぼくがその後、1998年から2001年までバンコクに滞在した時、ASEAN(東南アジア諸国連合)も統合を議論していた。そこで帰国直前にASEAN編MIXを勝手に考えてみた。こんな具合である。

         (BEST)      (WORST)

  • タイ     WOMEN    ENGLISH
  • マレーシア  ECONOMY   NEWSPAPER
  • フィリピン  ENGLISH       AIRPLANE
  • インドネシア NEWSPAPER ECONOMY
  • シンガポール AIRLINE        WOMEN

 BESTの5要素をそのままにして他国のWORSTに置き換えるため、意外と難しい。ワサビやユーモアを効かせようとするとなおさらだ。

こんな記事も書きました