2 小説 物語に浸る

なかにし礼『赤い月』

「子宮の衝動」に衝撃 「作家の性」に脱帽

 (新潮文庫、初刊は2001年)

 衝撃である。脱帽である。

 戦争がもたらす悲劇という言葉でくくるにはむごすぎる。筆者の個人的な体験に基づいているし、巻末の参考文献のすごさを知れば、ノンフィクションに近いのだろう。

 主人公の女性には、ぼくには理解などできっこない「たくさましさ」と「子宮の衝動」みたいなものを感じる。そのパワーと存在感にぐいぐいと引っ張られていく。こちらが衝撃である。

 自分の母をあのように書く。いや、書かずにいられない。いや、書かけてしまう。それが作家であり、プロの性(さが)なのだろう。こちらは、脱帽だ。

 いずれ映画かドラマになるのだろう。観たいような、裏切られる確率が高そうだから観たくないような―。

こんな記事も書きました