4 評論 時代を考える

養老孟司『バカの壁』

題名はシンプルで語り調 でも実は難解

 (新潮新書、初刊は2003年4月)

 あらためて読み直してみたベストセラー。よくいわれているように、インパクトがありシンプルなタイトルから想像するほど、わかりやすくはない。実は極めて難解な本だと思う。

 ぼくなりにエッセンスを抜き出すとこんな感じだ。

  • 「話せばわかる」は嘘だ。人はわかろうとしていることしかわからない。
  • 人間は変わる。変わらないのは情報だ。
  • 情報を信じすぎて、身体性を軽んじすぎている。
  • 入力と出力はy=ax である。「a」は人によって大きく変わる。

 口述筆記方式で書かれている。なので文章も一見すると平易なので、読んだきには余計にわかったつもりになっても、後で自分でこうして文章にしようとしたり、他人に説明しようとすると一気に難しくなる。

 そんな現象も『バカの壁』のひとつなのかな。皮肉な話だけれど。だから何度も読み直してみたくなるし、ひとにそう伝えたくなる。多くの人がそう思っているのだろうか、今でもまだ、売れ続けている。

こんな記事も書きました