2 小説 物語に浸る

東野圭吾『白夜行』

変身する少女の芯の冷たさに魔力

 (集英社文庫、初刊は1999年8月)

 この文庫が16刷にもなっている理由は、読み始めて30分ほどでわかった。過不足ないディテールと心理描写がバランスよく配置され、それらがリズムを生み、ぐいぐいと引っ張られていく。

 小説の核となる少年と少女の心の闇、刑事の生一本で真面目な姿勢…。たくさんの人物が交錯するけれど、ぼくは少女の「変身」にいちばん気をひかれた。彼女がずっと持っている「芯の冷たさ」には魅力が、いや、魔力がありすぎる。

 こういうのを「悪漢小説」とか「犯罪小説」というのだろうか。

こんな記事も書きました