5 映画 銀幕に酔う

米映画『ダ・ヴィンチ・コード』

背景難解 早い展開 原作読んで再見へ 

 (ロン・ハワード監督、公開2006年5月、MOVIX三好)

 原作の小説を読んでいないので、ついていけなんじゃないかなあと恐れていたら、その通りになってしまった。もともとキリスト教に詳しいか、原作を読み込んでいないと、やはり中身の理解は難しい。

(▲原作 まだ読めていない)

 キリストとマリアの間に女の子が生れていて、そのことを伏せておきたい一派と、その子供の子孫を守ろうとする一派がいる。そのせめぎあいの中に、トム・ハンクス演じる象徴学者とキリストの子孫が巻き込まれていく。

 とにかく展開がスピーディーだ。個々の場面の背景を考えている暇がないのだけれど、引っ張る力が強く、最後まで飽きることはなかった。ルーブル美術館が何度も出てきて、現代感覚もある。

 ただ映画そのものとしては、それほどの出来、面白さではないのではないか。キリストの子供をめぐる政治的、宗教的リアクションの方が興味深い。

 とにかく原作を読んでから、もう一度、この映画を観てみよう。

こんな記事も書きました