5 映画 銀幕に酔う

邦画『大鹿村騒動記』

荒々しさとやさしさ しびれる男優の遺作

 (阪本順治監督、公開2011年7月、DVD)

 原田芳雄が、表面的な荒々しさと内面のやさしさが同居する男の魅力をたっぷりと演じている。映画公開の直後に病死しており、遺作となった。

 体調が不十分というか、もしかしたらかなり厳しい状況で撮影が進んでいた可能性がある。そんなことはみじんも感じさせないほどの動きと表情、そしてあの、どすのきいた声…。これがプロなのだ。しびれる。

 大鹿村の人たちがたくさんエキストラに出て映画を盛り上げている。歌舞伎大好きぶりが、とにかく可笑しい。リニア新幹線計画をめぐって村内で対立している構図もうまく取り込んである。

 脇役もすごいぞ。中でも大楠道代と岸部一徳の駆け落ち組は半端ない。岸部の声とあの目は、原田芳雄に負けていない。元タイガース、恐るべし。

 DVDを一緒に観た妻は「大人の喜劇ね」。

こんな記事も書きました